オーケストラでフルートプレーヤー

フルート教室について

​フルートって?

『フルート』といえば、みなさんが一般的に思い浮かべるのは、銀色の横笛ではないでしょうか。

実はフルートの材質は洋銀、銀、金、プラチナ、など様々あります。金属が主流ですが、なかには木でできたフルートもあります。

​長さはおよそ、

はじめは筋肉痛になることもありますが、

​小学校低学年のお子さんには、

どんな楽器?

『フルートはリコーダーやクラリネット等と違い

音の大きさは、管楽器の中ではかなり小さいほうです。

トランペットやホルンなどの楽器にはベルがついていますし、クラリネットやサックスにも小さいながらベルがついています。

しかし、フルートには音を増幅するベルがついていません。それに、じょうきのような音の出したかの性質上、あまり大きな音はでないのです

​サックスなどの楽器よりも、気軽にご自宅で練習ができる楽器でもあります。

音の出し方

『冒頭で書いた通り、フルートは様々な材質でつくられ豊富な種類があります。ですので、値段はピンキリです。

大体、

洋銀

8金

18金

また、頭部管は金だけど、胴部管は銀、などといった組み合わせの楽器もあります。

これからフルートを始める、という方はまずは洋銀、もしくは銀のフルートから始めるのが良いでしょう。

国内のメーカーは主に、ムラマツ、ヤマハ、パウエル、パール、アルテなどがあります。

初心者向けの低価格帯のフルートを取り扱っているメーカーはそう多くはありません。

どのメーカーが音が良い、このメーカーが吹きやすい、などはありません。複数のメーカーのフルートを試奏してみて、

自分が「なんか吹きやすい!」「しっくりくる!」といったフィーリングで決めて問題ないです。

​参考までに

また、お子さん向けのU字管のフルートはヤマハや で扱っています。

数千円のフルートでも良いですが、かえって音が出しづらく、初心者の方はなかなか苦労すると思います。

またすぐ買い替えることになると思うので、私はあまりお勧めしません。

​気になるお値段は…
​フルートのレッスンって何するの?
​クラシック

​いわゆるクラシック音楽とは、

フルート2重奏のアンサンブルを吹いたり、ピアノ伴奏に合わせてフルートを吹いたり

​形態を変えながら楽しむことができます。

ポップス、ジャズ

フルートはメロディー楽器ですし、音色も様々出すことができるので、

​優雅なクラシック、というイメージだけでないポップスやジャズなども似合うんです。

レッスンでは希望に応じて、ジャンル豊富な曲を提案いたします。

​今まで知らなかった

​必要なもの

フルートを始めるのに、消耗品はほとんどありません。

毎回吹き終わった後のお手入れに必要なのは、①ガーゼと棒 ②クリーンペーパー ③クリーニングクロスこの3つくらいです。

ガーゼと棒は、菅の中の水滴をふき取るのに使います。クリーンペーパーというのはあぶら取り紙のようなもので、キィの裏のタンポという部分の油や水分を吸収させます。クリーングクロスは、眼鏡拭きのような柔らかい布で、皮脂やよごれをふき取るのに使用します。

あとは、必要に応じて、譜面台やメトロノーム・チューナーなども購入するとよいでしょう。

クリーンペーパーは1箱 枚くらいで 円なので、とてもお財布に優しいです。